上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
brrrrrows.jpg


●ストーリー
古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家の14歳、アリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよう、つつましさと用心深さを求められる毎日を送っていた。

●感想は追記にて(ネタバレあり)
久しぶりに映画館で映画を観ました。癒しを求めてジブリ~。率直な感想から言うと、うーん、もうちょっと何とか出来たでしょうジブリさんなら!って感じです。ジブリさんに対する信頼とか期待とかが大きい過ぎた感もありますが、ハウルとかはそれを裏切らなかったんでね。これは何やら物足りない感じ。メッセージが弱い上に、設定が物悲しすぎるとか、なんかジブリにしては・・・感が否めなかったです。全体的な流れとしては美しいし、心が洗われる感じがするんですけどね。うん。でもやっぱり最後のあのセリフ(君は僕の心臓の・・・)は言いすぎだしー。アリエッティの女心には泣けたけれども。キリンさんの意図もよくわかんなかった。何してくれてんねん!理由は何やねん!ってもやっとした。カラスのシーンは好きだったけど。アリエッティのお父さんがイケメンでした。あと藤原竜也の声と小栗旬の声は似ている気がする。ずっと小栗旬だと思っていました。ということで、まとまりのない感想でした~。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Copyright © beginner*. all rights reserved.
Template by nicola*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。