上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20091028123043_02_400.jpg


●ストーリー
1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる。一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊は、次々とナチス兵を血祭りにあげていた。やがて彼らはパリでの作戦を実行に移す。[2009/アメリカ]

●感想は追記にて
なんつーか、テンション・・・ですよねぇこれ。ザッツ映画!!現実に出来なかったから映画でやっちまおうぜ!みたいな。ナチむかつくからブッ潰したろうぜ。コテンパンにしたろうぜ。っていう映画でした。全然シリアスじゃない、なんかコミカルなのが良いです。ブラピの兄さんのキャラにも合ってるし、むかつく奴がとことんむかつくのも良いです。爽快感あります。傷口に指突っ込む時の音がアメーバピグで釣りしてる時の音みたいで笑いました。

イングロリアス・バスターズ

イングロリアス・バスターズ

価格:3,591円(税込、送料別)



スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Copyright © beginner*. all rights reserved.
Template by nicola*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。