上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.16.Thu

eminem_8_mile_cruising.jpg

Lose Yourself


●ストーリー
1995年、デトロイト。中産階級の白人が多く住む郊外とは“8マイルロード”で分断され、貧困層が多数を占める都市中心部。ジミー(エミネム)はここで無職の母と幼い妹の3人でトレイラー・ハウスに暮らしていた。彼は昼間プレス工場で働き、夜はヒップホップ・クラブ“シェルター”で毎週行われるラップ・バトルでの優勝を目指し、プロで成功することを夢見ていた。だが、彼は才能がありながらその実力を発揮出来ないでいる。加えて母ステファニー(キム・ベイシンガー)との確執に悩んでいたジミーはある日、モデルを夢見るウェイトレスのアレックス(ブリタニー・マーフィ)と出会い恋に落ちるのだが・・・。 [2002/アメリカ]

●感想は追記にて
DOPE!好きですよ、これ。エミネムの半自伝的映画として話題になり、主題歌も大ヒット。わたしも当時は狂ったように「Lose Yourself」を聴いていたものです。
白と黒、黒と白。そんなのどっちだっていいじゃないか、重要なことじゃない、と歌ったマイケル・ジャクソンが道を拓き、逆の道を拓いたのは間違いなくエミネムでしょ。ヒップホップ業界はちっとも詳しくありませんが。「Way I Am」を聴いた時のあのガツン!と後頭部殴られた感じは忘れられない。マソソソ先輩が出て来ちゃった時も色んな意味でガツンと(略)。
って映画の感想を全然書いていないわたくし。。「俺の事“黒人になりたがってる貧乏な白人”だと思ってんなら、そう思っとけよ。」って Way I Am でも言ってるけど、この映画のラストも、わたしの中じゃそんな印象。とても好きです、あのラスト。
ヒロイン(?)役には、“おさせ”を演じさせたら右に出るものはいないブリタニー・マーフィ。この作品のこの役も似合いすぎです。

「TSUTAYAが選んだ名作DVD!全100タイトルが100円レンタル!」対象商品です。→



スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Copyright © beginner*. all rights reserved.
Template by nicola*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。