上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.28.Thu

 ひっさびさに読んだ本の紹介。相変わらず活字離れ中。




カソウスキの行方 / 津村記久子

 大好きな津村さんの。今まで読んだ中で1番好きだった!(まだ読んでない作品もあるけどね。)やっぱりこの人の言葉のセンスは抜群だなぁ。かなり影響を受けてしまっています。「カソウスキの行方」「Everyday I Write A Book」「花婿のハムラビ法典」の3作品収録されているんだけど、どれも良かった。津村さんの作品の中に出てくる人はみんな、他人とは思えないような、ちょっとだけ残念な人たち。笑
「自分はかわいいっていう自己申告は、恥知らずであればあるほど男はだまされるもんです。」 / 「Everyday I Write A Book」より



  

ちはやふる / 末次由紀

 近所のTSUTAYAでコミックが借りられるので、色んなところで大絶賛されているこれを借りて読んでみたよ。ひとまず3巻まで。これ・・・・・良いっすやん!!もろ少女漫画な感じだからって今まで敬遠してて正直すまんかった。青春+コメディ要素、映画だったら1番好きなジャンルだよ。登場人物が青春をかけているものが「競技かるた(百人一首)」っていう、なんかチャラチャラしたもんじゃないのがまた良い。中学の頃1年間、百人一首クラブだったのに(部活とはまた別のクラブ活動)、出来るゲームといえば坊主めくりだけで、無駄口ばっか叩いて1年間過ごしてしまった。あの頃この漫画に出会ってたら今頃クイーンだったかも。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Copyright © beginner*. all rights reserved.
Template by nicola*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。