上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
323840view017.jpg

I wish I knew how to quit you!


●ストーリー
1963年の夏。ワイオミング州のブロークバック・マウンテンでイニス(ヒース・レジャー)は羊番の仕事を始める。たまたま一緒に組んで仕事をしていたジャック(ジェイク・ギレンホール)との間に友情が芽生え、いつしかふたりは精神的にも肉体的にも強い絆で結ばれていく。やがて山を下りたふたりは、何の約束もないまま別れを迎える。イニスは婚約者のアルマ(ミシェル・ウィリアムズ)と結婚、一方のジャックは定職に就かずロデオ生活を送っていた・・・。 [2005/アメリカ]

●感想は追記にて(ネタバレあり)
ヒース・レジャーもジェイク・ギレンホールも大好きだけど、大好きなふたりが絡んでもちっとも萌えない!ということが判りました。同性愛、否定派じゃないつもりだったけど、そういえば肯定もしてなかったな、自分の中で。わたしはこれを「純愛」とは受け止められなかった。妻を持ち、子供を持ちながらも愛し合うふたりの姿を見るのは、屈辱にも似た気持ち。ふたりの関係を知りながらも、夫を見送る妻の気持ちを思うと、気が狂いそうになる。耐えられない。・・・とは思いつつも、I wish I knew how to quit you! と言ってしまうくらい夢中になれる誰かには出会えたふたりを羨ましく思ってみたり。
それぞれ青年時代からオヤジになるまでを演じているのだけど、どんどん渋くてカッコよくなっていくヒースに対して、どんどん面白くなっていくジェイクの見た目・・・。ちょっと面白いんですけどーと思っていたところで「年に数回の行為じゃ満足できない。」とか言っちゃうから、思わず食ってたもん噴いた。
ストレートの男性客を得るためなのか、それともアン・リーが見たかっただけなのか、ミシェル・ウィリアムズもアン・ハサウェイも脱いでいます。アンは脱ぐ必要あったのかしら?
ヒースは歳を取ったら、もっと渋くていい役者さんになっただろうな。もっと色んなヒースを見たかったよ。



<おまけ>
わたくしお気に入りのジェイク画像です。
jake_yoppa03_090512.jpg jake_yoppa04.jpg
※クリックで拡大。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Copyright © beginner*. all rights reserved.
Template by nicola*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。