上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
factorygirl_1024_768_a.jpg

イカれてた。華麗に一世を風靡。
あらゆる人と広く親交を結んだ。行く先々を混乱に陥れた。
結婚と同じ回数離婚した、後腐れなく。


●ストーリー
アンディ・ウォーホルが夢中になり、ボブ・ディランが曲を捧げた女性、イーディ・セジウィックの波乱の人生を描く伝記映画。
資産家で名門の出のイーディ(シエナ・ミラー)は、パーティでアンディ・ウォーホール(ガイ・ピアース)と出会う。ポップ・アートの分野ですでに成功を収め、名声を得ていた彼だが、イーディにたちまち魅力を感じ、実験映画に出演させる。マスコミはウォーホールといつもいるイーディに注目し、彼女をセレブ扱いするが、イーディは精神不安定からドラッグとパーティに明け暮れるようになる。そんな彼女は、ボブ・ディラン(ヘイデン・クリステンセン)と出会った事で新たな感情が芽生え…。

●感想は追記にて(ネタバレあり)
シエナ・ミラーってすごく綺麗だけど、こういう薄幸キャラがめちゃくちゃ似合うよね。シエナ演じるイーディがめちゃくちゃ可愛かった!上の写真で着ているボーダーワンピはじめファッションもとても可愛いし、ピアスなんかの小物からヘアメイク(バッサバサの睫毛!)、部屋のインテリアまで、60年代好きにはたまらない感じ。だけど、時代のITガール、イーディ・セジウィックという人の人生を考えると、辛すぎる映画。シエナがすごく良く演じてた。転落の日々は目を覆いたくなるほど。「人生最大の過ち」と自ら口にしたあの選択。あの愛を手に入れていたら、彼女は幸せになれたのだろうか。
ボブ・ディラン役がヘイデン・クリステンセンというのはわたし的にはかなり謎のキャスティングですが、ヘイデン・クリステンセンはものすごくカッコイイです。


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

不幸でいつも満たされない美人
こんにちはー♪

去年の今頃シネマライズで観た思い出が鮮明に…。
イーディが無邪気で無垢で、とても痛々しかったです。
美人でキュートで、だからこそ転落の日々が絵になっていたのかなぁ??

にしてもシエナはかわいかったですね♪
ゴシップばかり先行していたけど、ファンとして心底「でかした!」と思いました。
ヘイデン・クリステンセンもカッコ良かった!キャスティング的には同じく謎です(笑)。
とも | URL | 2009/04/08/Wed 14:00 [EDIT]
★ともさん
こんにちは!

シネマライズで観られたんですね。
イーディの転落の人生は、無邪気で無垢だったからこそなのでしょう・・・。
無垢な人ほど、1度落ちてしまうと転がるように・・・なのかもしれません。悲しいですね。

シエナは幸せを掴んで欲しいです!!笑
ヘイデン・クリステンセン、喋り方を真似していたり、
ちょっと笑えるんだけど、そこもキュートで良かったです♪(絶賛。笑)
kumiego→ともさん | URL | 2009/04/08/Wed 17:16 [EDIT]

Copyright © beginner*. all rights reserved.
Template by nicola*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。