上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
onepiece_080301.jpg

ヒルルク、フォーエバー!!


●ストーリー
大航海を続けるルフィ海賊団―――。突如、ナミが高熱で倒れてしまう・・・。医者を探すルフィたちが辿り着いたのは、医療大国といわれる“ドラム王国”だった。ドラム王国で早速医者を探すが、なぜか王国にいる医者は“ドクターくれは”という、雪深い山の城に住む“魔女”ひとりだけと聞き・・・ルフィはナミを背負い、雪山の城へ!! 途中、巨大ウサギの襲撃や、雪崩をかいくぐり、山頂の城に着くが、そこで力尽きてしまうルフィ達。彼らを助けたのが、ドクターくれはから医術を学んだ青っ鼻のトナカイ“チョッパー”だった。チョッパーを仲間にしようと追いかけていると、そこに砲弾が打ち込まれる!! 国を捨て逃亡した極悪国王“ワポル”が兄であり悪魔の実の能力者“ムッシュール”を連れ帰還。ドクターくれはが乗っ取った城を取り戻すため総攻撃を開始したのだった!! ワポルの撃ち抜いた海賊旗は、チョッパーの名付け親であり唯一の友“ドクターヒルルク”が夢を誓って掲げた、とても大切な旗だった。人の夢をあざ笑い、踏みにじるワポルにルフィが叫ぶ。「お前なんかが、へらへら笑ってへし折っていい旗じゃないんだぞ!!」 海賊旗に込められた、一人の男の熱き思いが今、この島に奇跡を起こす―――


念願叶って(大袈裟)行って来ましたよ~!!久しぶりに漫画部のメンバーを招集!(長いお付き合いの方は知ってると思いますが、前に働いてた会社の同僚―Kちゃん・Mりん―と3人で作っている漫画部。活動内容は主に自主練=各々好き勝手漫画を読む。)「ワンピースザムービー観たいんだけどいつが暇?」って行く行かないの選択を一切与えないメールを送りつけてみたところ、何の疑問も投げかけず都合の良い日にちだけを返信してくるあたりがさすが漫画部。4月の組織改変で新体制になったばかりの忙しい中、ワンピースを観るために必死で時間をやりくりする妙齢のサラリーマン(人はそれをおっさんと呼ぶよ・・・)2人・・・あぁなんと間違いのない人選だったかと。結局女子のあたいがラッキーな水曜日に決まったものの(漫画部で女子はあたし1人)、直前でKちゃんが「俺の送別会(前の部署での)が開かれることになった・・・。さすがにこれは断れません・・・。」という残念な結末を迎え、Mりんとの何年かぶりの再会がうっかりデート、しかもワンピースという、これまた若干残念な2●歳妙齢男女。ちなみにKちゃん=自称天才ギタリストさんですので、Kちゃんとはちょくちょく連絡取り合ってるし、会ってもいる。
そんなこんなで渋谷の某映画館前に降り立った妙齢独身女子kumiegoさん。すんごい分かりやすい場所に立ってたのに「何処にいるのー?オーラ出てないなー。」とメールで言われるkumiegoさん。漸く会えたと思ったら短パン(ショーパンという可愛らしいものではない。)にエンジニアブーツ、カーキのモッズコート姿のあたしを見て、「おまえは春らしさのカケラもない女だな!」と言い放ったMりん。そんな2●歳男女が織り成す感動のストーリー・・違う!ワンピースだワンピース!ポップコーンもジュースもハンカチも・・・準備万端で臨みましたわよ!唯一メロンソーダがコーラに変わったのが想定外だったけどネ!Mりんがビール買うってんで、じゃあメロンソーダ一緒に買ってきてって頼んだら、爆笑しながら帰ってきて、「メロンソーダ頼んで店員さんがメロンソーダのボタン押した途端にぶしゅぶしゅぶしゅ・・・!つってー、無くなった!さすがkumiego(仮)と思った」と。・・・引き強い(違う)。

つうわけで感想は追記に!絶賛!ネタバレありまくり!
●感想
泣きました!号泣!!!!もうね、首とか胸までべしょべしょ。笑 隣見たらMりんがもっと泣いてました。嗚咽を必死で堪えてました。最初のほうとかちょっと退屈だったんだけどね、チョッパー出てきてからはもう、涙で前が見えません!!くらいの。ヒルルクかっこいいヒルルクー!あのね、泣きポイントほんといっぱいあるんだけど、あたし1番ぐっときたの、「喋れるくらい何だってんだ。俺も喋れる、おまえなんかより遥かにペラペラとな!」ってセリフ。ヒルルクがチョッパーを拾って看病して、ようやくチョッパーが心開き始めた頃、「喋ったら嫌われると思った。だって怖くないのか?トナカイなのに喋れるなんて・・・」ってセリフの答えがそれ。うぉぉぉぉカッコええー!!・・って泣きました。笑 ヒルルクに育てられたい願望。途中、くれはの声が悟空だって気付いちゃって、そればっか気になっちゃってしょうがなかったんだけど、何しろストーリーが素晴らしいので、途中からまたケロッと忘れちゃってた。くれはの「バカ息子・・・!」も良いんだけど、やっぱりヒルルクのね、さらっと言った「俺の息子だ。」 あー思い出して涙目でーす!(バカ)。あと知らない人が出てた。フランキー?誰だろう・・・笑。途中までしか読んでないんですよね、ワンピース。ハハハ。でも楽しめましたよ!ワンピース自体を全く知らないって人が観ても楽しめるかどうかは謎だけど。うーん、でも仲間って素晴らしい!人の痛みを、人の心の温かさを知りなさいって子供たちに伝えてくれたんではないかな、この映画は。笑いどころももちろんあり(大人が観ると全体的にゆるいけど)、大人が観ても泣ける映画!絶対DVD買おうっと。


映画の後は、Mりんと良い気分でご飯。Mりんさらりと「どっか知ってるお店連れてってよー。kumiego(仮)渋谷庭でしょ?」何その無茶ぶり!!ビックリするわ。でも前に友達と行ったことがあったご飯の美味しい飲み屋さんが近くにあったので、行ってみた。ご飯めちゃ旨!海老旨!牛スジ旨!これデートだったらものすごい良い演出したよね~映画面白くてさーご飯美味しくてさーなどと言ったら、「よしよし、今年一いい仕事しました。」と珍しく褒められました。うーん、なんか微妙・・・。なんだろ?相手が違うのか・・・な・・・(おまえが言うな。
でもMりんと2人で飲むのすんごい久しぶりで色んな話出来て面白かった。チベット問題から体臭問題まで。とりあえず体臭は、ある程度は仕方ないよ、人間だもの(みつを)で落ち着いた。笑 政治と宗教の話は家の外でしちゃいかんと親に言われてきたけど(ちなみに無宗教です。死んだらお骨は海に巻いて欲しい。できれば南のほうで。)、もう中国については言っていい気がしてきた。中国が大嫌い。北京オリンピック応援行かないって早々に決めてたのもそれが理由。日本人が日本の政治家に日々文句言ってるけど、そんなん中国共産党に比べたらよっぽど素晴らしい日本政府が安全保ってくれてるから言えることであって。言論の自由が守られているから、自由を叫べるんでしょ?夜の校舎窓ガラス壊して回れるんでしょ?この支配からの卒業とかチベットで歌えるか?わたしが日本人だということを(抜きにはできないけど)抜きにしても。そんな話をして2人で悶々とした。無力です・・・。そしてそんな話をアニメ映画の感想の下という、いつもより読んでる人が少ないであろう場所に書き綴るあたし保守。だけどチベットは中国のものじゃない。それは知ってる。

友達という言葉は、嬉しい。ときどき夢のように心躍る。ときどき誰かが便利に使って薄っぺらで儚く、わたしにとってはちょっと難しい言葉。・・・だけど今、その言葉が大好きで。素晴らしいって信じてるのは「友達」のおかげ。

080403_0938~01
映画館でもらったステッカーと何か。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

よく言った!!
他人の権利を侵害することが罪だと私は思う。
もちろん生きる権利を奪うなんて最低だ。
そんなこと言ってもさ、自分が楽しい時はそんなことすら忘れてるんだ・・・。
そんな自分が嫌になることが多々あります。


tomo_nyant | URL | 2008/04/03/Thu 19:50 [EDIT]
i hate china
その独特のネガティブさは、トモの持ち味だと思うけど
あんまり思いつめないでくださいね・・・

でも自分が嫌になる感じわかります。
あたしは日頃アメリカンパンクロックとか好きで愛聴しているのですけど
時々ふと、ブッシュがなんだよ?とか
言論の自由が保障されている場所から自由叫んで何がロックだ?とか
考えてしまいます。
ブッシュや日本政府をバカにする力があるなら
その分中国政府を批判してやろうと思います(この独特のポジティブさ
kumiego→tomo_nyant | URL | 2008/04/04/Fri 10:51 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © beginner*. all rights reserved.
Template by nicola*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。