上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.29.Sat

lordofdogtown.jpg

1975年、西海岸。僕たちは渇いていた。


●ストーリー
アメリカ西海岸ヴェニスビーチ周辺、通称ドッグタウン。この見捨てられた街で育ち、スケートボードに明け暮れる3人の少年たち―トニー、ステイシー、ジェイ―にとって、風を切ってストリートを滑る時だけが最高に楽しい瞬間だった。やがて、溜まり場にしていたサーフ・ショップを中心にスケートチーム【Z-BOYS】が結成され、ますます彼らのワイルドなスケーティングに磨きがかかる中、平坦なストリートから立体的なスケーティングができる“空っぽのプール”こそが彼らの聖域となる。そして全米のスケート大会に出場し、突如としてメインストリームに登場した彼らはその革新的なスタイルで若者たちを熱狂させ、瞬く間にスーパースターになっていく。しかし同時に、その熱狂を利用するメディアが彼らをビッグビジネスに巻き込もうとしていた。「20年後も僕たちの夏休みは続くんだ―。」そうプールの底で誓った3人だったが・・・。

●感想は追記にて!
続きを読む?
スポンサーサイト
2008.03.28.Fri

group_stpaddy_dkm.jpg

来日公演決定!!

Dropkick Murphys JAPAN TOUR 2008

6/4(水)東京 Duo Music Exchange
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKET ¥5,800-(税込/All Standing/1DRINK別)

6/5(木)大阪 Shangri-La
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKET ¥5,800-(税込/All Standing/1DRINK別)

クリエイティブマン


Dropkick Murphysの来日公演の詳細が発表されました!しかもDuoーーー!狭ーーーい!!!柱が邪魔ー!(毎度) 今度は見逃すわけにはいかんぜ・・・。去年のパンスプ観てないので!(PTHとドン被りだったため)平日だからいつ会場に着けるかわかんないけど!あー休み取っちゃうか!取れるのかっ?つかチケットが取れるのか?Duoって・・・。いや、しかしどんな手を使っても(笑)行かねば!!レッツゴーマーフィーズ!!!!!!

Dropkick Murphys - Myspace

sakuranohanamaiagarumichiwo.jpg


道を歩く時、絶対にヘッドホンをしてはいけないよ。風の音の違いを、空の匂いの変わる瞬間を見逃さないように。いつだって敏感でなくちゃいけない。そう言ったのはあたしに写真を教えてくれた人。
だけど今、さくーらのーはーなー舞い上ーがるー 道をー おーまーえーと歩いていくー♪ エレファントカシマシの『桜の花、舞い上がる道を』。素晴らしい歌だ。この歌をヘッドホンから流しながら、頭上に桜の咲く道をがしがし歩く。足取りは軽く、明日輝くために走り出そうって気持ちになるんだぜ。背筋がしゃんとして真っ直ぐ前を向ける。なんと素晴らしい歌だ!!
(昨日のニートになりたい発言を深く反省した。)



2008.03.27.Thu

jumper_wp_800600.jpg

ある意味アメリカ版海猿でした


●ストーリー
ミシガン州で育ったデヴィッドは、同級生のミリーに思いを寄せる、ごく普通の高校生だった。しかし、川で溺れそうになったとき、彼は自分に備わった途方もない“才能”に気づくことになる。冷たい川底から一瞬にして、図書館へと“ジャンプ”していたのだ! 
母が家を出て以来、人が変わってしまった父との生活にうんざりしていたデヴィッドは、1人ニューヨークへと向かった。15歳の彼が生きていくため次に瞬間移動したのは、銀行の金庫室だった。まんまと大金をせしめたデヴィッドだが、その存在に気づいた男がいた。“ジャンパー”を悪とみなし、彼らの抹殺を使命とする組織、“パラディン”のローランドである。
10年後、デヴィッドはニューヨークからロンドンへ、オーストラリアの海へ、東京の繁華街へ、エジプトのスフィンクスへと飛び回り、“ジャンパー”の特権を謳歌していた。しかし、孤独だった。そんなとき、ミリーと再会を果たし、ローマでのデートに誘うデヴィッド。楽しいひとときを過ごした二人の前に、グリフィンという青年が現れる。彼もまた、“ジャンパー”の一人だったのだ。戸惑うデヴィッドは“パラディン”たちの襲撃に遭い、“ジャンパー”の宿命、そして母が秘めていた重大な秘密を知る……。 


観て来ました!本当はワンピース THE MOVIE観ようとしてたんだけどね。笑 いつも行く映画館に夜行ったら夜は上映してなかったんよね・・・(事前に調べましょう・・)。時間あったしそのまま帰るのも悔しいなーと思ったんでジャンパーを。ヘイデン・クリステンセン好きだし。カッコイイよね。うん、それだけ観れればいいや。みたいな期待薄な感じで。笑
余談ですが、映画館にて、前に並んでたまだ付き合ってないけどこれから付き合う感じの微妙な距離感の男女が、マイ・ブルーベリー・ナイツ上映スクリーンに吸い込まれて行って「ふうん。」って思いました。ふうん。あたしなんかいい歳こいてワンピース観に来ましたけど?(胸を張って言えるあたりがなんとも痛々しい) 今回は諦めたけど近いうち絶対映画館で観るぜワンピース!あのエピソードでつまんないわけがないんだぜ!

つうことで感想(ネタバレありまくり)は追記にてー。
続きを読む?
2008.03.26.Wed

はーるーだーよーーー!(←オジー風で) 暖かい。東京に桜。今日はハニーサロンのTサツ着たよ。

isbitheartring.jpg isbitribon_ring.jpg

Girls i(e)smでISBITのプチアクセシリーズ、ハートのリング(左)予約したハート2 すごく華奢で1個でも可愛いし、重ねづけしても可愛いよね!お値段も可愛いゾ。笑 ブログに書こう書こうと思って他のこと書いてるうちに予約期間終わってた・・・汗ごめんね。先行予約ってことは、また買えるチャンスもあるってことカナ?・・・わからん。今回買ったのはハートのリングだけなんだけど、右のリボンリングも可愛くて(こっちは今現在買える)、買おうか迷ってる。ピンキーサイズもあるから、手持ちのティアラピンキーに合わせたら絶対可愛いと思うんだ!

ootauni_nusy0804.jpg

もう1個。おおたうにちゃんとNUSYのコラボ、水色デニムワンピ→ これも安い!笑 予約済み。1枚でつるりと着こなせる自信がないので、重ね着る。笑 うにちゃんも書いてるレースのワンピとかネ。


ずっと前にケイちゃんが書いてた、今期のSLYが可愛い件!

sly_coordi_0803_01.jpg sly_coordi_0803_02.jpg

もー可愛すぎる!尋常じゃない可愛さ!モロ好み!!!!でもまだお店には行けてないんだよ・・・。1度店内に足を踏み入れたら、“ここからここまで買い”とかしそうで。

2008.03.25.Tue

hatsukoi_aoi.jpg

確かに世界を変えられた


●ストーリー
高校生のみすずは、小さい頃から孤独だ。みすずの母親は小さい頃、兄を連れていなくなったきりだった。ある放課後、みすずはとある場所に足を運んでいた。目の前にはBというネオン看板。みすずの手に握られたマッチの名と同じだ。数日前、兄が突然現れ手渡したマッチだった。店内に進むと、彼らはいた。兄の亮、女優ユカ、浪人生タケシ、肉体派テツ、お調子者ヤス、そして東大生の岸。仲間に加わったみすずの生活は少しずつ変化していく。そして岸に対して生まれた切ない感情…。そんなある日、岸がみすずに驚くべき相談を持ちかける。

●感想は追記にて。
続きを読む?
bonnieandclyde.jpg



●ストーリー
1930年代のクライド・バーローとボニー・バーカーの実話を元に描かれている。
クライド(ウォーレン・ビーティ)がボニー・バーカー(フェイ・ダナウェイ)の母親の車を盗もうとする場面から映画は始まる。ボニーはクライドの非合法的な振る舞いに興奮させられ、そして、彼は彼女の面前で店から掠奪をすることで、彼女をさらに刺激する。クライドはボニーを引き連れて車を掠奪し、彼らの伝説的な犯罪行い放題が始まる。

●感想
観るのは何度目かだけど、ここでレビュー書いてなかったので改めて。今後そういうの増えると思います。昔は同じ映画借りて観るのなんか損した気がして出来なかったんだけど(貧乏性・・・)、最近は好きなものをもう1回観ても損なんかしないって気付いたからね(遅い)。この映画は画の作り方がとても好きなんですよ!画が懲りすぎててストーリーが全然頭に入らん!って映画結構あるけど、これはそうじゃなくて。ストーリーの邪魔にならず、さりげないんだけど1シーン1シーンがとてもかっちょ良い!誰もが言うと思うけど、あの最後のシーンは絶品。何度観ても息を止めてしまう!ストーリーは実は実際とはだいぶ違うらしいんだけど・・・映画として観るなら悪くないですよ。ボニー&クライドがべったべたに愛し合って、浮かれポンチになった末の犯行だと思ってる人は、1度観たらいい(←上から目線で


2008.03.24.Mon

080307_1923~01 080310_1036~01
左)キティ  右)ミッキー


巻き寿司とうろ覚え対決をした。あたくしキティでは圧勝でしたのにミッキーでは完敗。おまけに巻き寿司に涙を流しながら笑われるという屈辱!こんなに笑ったの久しぶりだー!とかなんとか指差されながら笑われました。「バンドTにすればいいよ。」と具体的なデザイン案まで提示してきやがりました、爆笑しながら。

って絵の話じゃないです。絵の実力は全治2週間どころじゃないです。こんなところで宣言することじゃあないのかもしれないけど。全治2週間です。あーあーあー。っていっても全然平気なんです。大丈夫なんです。元気なんです。心配していただくようなことじゃあないのです。あたしがバカなだけなんです。とはいえパンクスプリングぎりぎりです。

ぜんち 1 【全治】
(名)スル
病気やけがなどが完全に治ること。全快。ぜんじ。
「―するのに一か月かかる」「―三週間」


つうことは?完全には治らなくてもそこそこは治ってるんじゃないか?・・・うん、行くに決まってる!(GALLOWSキャンセルだけどナ!)今度の日曜日のタワレコも一応行くつもりでいます。たぶん大丈夫。後ろで大人しくしてれば。回転はほんと縁がないのかなんなのか・・・12月からこれで5本目?6本目?だけど、前のほうで暴れたのCDJだけ。あと全部後ろで踊ってた。今回は踊ることすら出来んかもしれん・・・汗 ほんと阿呆だな、あたし。

大人しくベースの練習でもするよ。「楽器は上手いに越したことはない。」って●RACKSの●ーじろーさん(←ガラが悪すぎるので伏字とさせていただきました。笑)に言われたしね。頑張るよ。

話全然違うけど、●ーじろーさんと親ってすごいよねって話を真面目にした。「俺の息子が俺みたいだったら普通に“あーもう帰って来なくていいよー。”って言うけどね。」って言ってて「あー(納得)。」って返事しちゃった。笑 あたしも●ーじろーさんに比べたら全然だとは思うけど(笑)まぁ色々とやらかしたこともあって、どんだけコテンパンに叱られても母親に泣かれても、それでも「帰って来なくていい。」とは1回も言われたことないもんな、、、親は偉大だ。



誤解を恐れず今ここに宣言しよう!

ELUVEITIEが好きです。

ELUVEITIE - Official
ELUVEITIE - MySpace

080320_2234~01


今出てるTONE誌が定価880円以上の価値!少なくともあたしにとっては。UKロックシーンのちょっとした写真集みたいな内容なのですが、写真家へのちょっとばかりのインタビューやその写真を撮った時の状況なんかも書いてあって大変興味深い。(中でもポール・スラッタリーがこんかぎりパティ・スミスへ暴言吐いてるのがなんというか微笑ましい。)パスなんか必要なくて、とにかくカメラを持って最前列に行けば良かった時代。やっぱり写真ていいよな~と漠然と思ってみたり。
さぁてもう1冊買いに行って来るか!気に入ってる写真が見開きになっているのが大変惜しいが、1ページずつ綺麗に切り取って部屋に貼るのだ!中でも気に入っているのは、1982年のスージー・スー、77年のクリスマス、磔になったキリストのポーズをとるジョニー・ロットン(この日がピストルズのイギリスでのラストライブ)、80年のジョー・ストラマー・・・挙げ出したらアレもコレもで沢山あるのでやはりやめておこう。笑
あ。大好きなリチャード・アシュクロフトの写真の裏が大好きなトム・ヨークの写真(どちらも“大好きな”は写真にかかるのでお間違いなく!)だったからやっぱりあと2冊必要だな!

表紙のPunks So Beautifulはいらないと思うけど。


2008.03.19.Wed

カウントダウン上がってた~。センキューフォー知らん人!




このぐっちゃ~となってる客席の中にあたしもいます。ああ楽しかったなぁ!!ダニーかっこええダニー!(※先日眼科へ行きましたが特に異常は見付かりませんでした。) たぶん照明さんがグッジョブなせいだろうな・・・がっつりスポット当てて下から煽るとカッコイイんだな、彼は。きっと。でもそのせいでドリーが白飛びしすぎです。髪長いのも何気にいいのかな。この時、ダニー髪伸びすぎ~!きも~!とか思ってたけど。笑 カウントダウンの時なんてくるりの岸田くんに見える・・・見えない?あ、なんかすんません(色んな意味で)。いやあカッコイイ。ドリー大好きっ子だったのにいつの間にかメガネの虜。レッツゴー!のしおかぜが♪のメロディー(失敗したのか?)すごい気持ち悪いけど。そんでいつも思うけど、ダニーだけ後姿カメラがあるのはなんなの?あのマニア向け・・もしくは玄人向けカメラ。気になるぜ、その存在。それにしても楽しそう、ダニー。Are you ready? 準備はいいかい?って1番準備できてなかったのダニーだったけどね。あのぐだぐだカウントダウンシーンはカットなのね。おもしろかったのにー!

早く次のLIVE(ツアー)スケジュール出してくださいナ。そろそろまた旅に出たいんだけど、回転ズ来るなら東京にいるからさ!

余談ですが、この間台所にいる時にテレビのほうからうっすら気持ち悪い声が聞こえてきて、「何っ?気持ちわるっ!」とか思いながら恐る恐る近付いたら、携帯がピカピカしとって、なんのこたーないメールの着信音、ひとり酒のイントロのダニー先生の声でした。でへ★

春はもうすぐそこだね。ウキウキ。

あたしの住む街には中古レコード屋がたくさんある。(カレー屋も中華屋もあり過ぎるくらいにあるのですが。)中でも気に入っているのが、近所の商店街の隅にある小さな中古レコード屋。お世辞にも綺麗とはいえない狭い店内には、床から天井までぴったりサイズのレコード棚が窮屈そうに居座っており、その中にはびっしりCDやらレコードやらが詰まっている。お店のご主人なのか、いつもピッピーっぽい見た目のおじさんがレジ前にいて、店内にかかっている音楽はJAZZの日もあれば、ツェッペリンの日もあったり、キンクスの日もあったり。わたしはそのおじさんの感じ良くも悪くもない接客の仕方とお店の雰囲気がとても気に入っていて、思いついてはフラリと出かけるのだけど、その店でCDはあまり買わない。何故か?名盤にはそれなりの値段がついているからだ!大型中古レコード屋も然り。名盤で状態が良いものはそれなりの値段で売っている。
中古でCDを買うときは●ックオフ。●ックオフに限ります。レコードの状態とか「少々キズあり」くらいにしか書いていないが、名盤だろうとクソ盤だろうと関係なく、発売年月日が昔の商品は安い!(※うちの近所の●ックオフに限った話をしています。) CLASHのあの名盤(400円)、スミスのあの名盤(400円)など・・・。そういえば、去年のパンクスプリングで近くに●ックオクTシャツ(あのロゴとキャラクター(?)の書かれた黄色いTシャツ)を着てる人がいて、よーく見たら●OOK OFFじゃなくてFUCK OFFって書いてあって相当イカしてました。余談ですが。

買わない!って宣言しといてなんだけど、この間見つけたMC5のKick Out the Jamsは近々買いに行かなくっちゃナ!>商店街の中古レコード屋 この間は財布を持っていなかったのでね・・・(本当に買う気ゼロ)。


話変わって。

あたし今はそれなりに幸せなのですけど、多くの悩みに苛まれていた10代の頃、この曲を繰り返し繰り返し何度も聴いていた。

LOSER / BECK
Soy un perdedor I'm a loser baby so why don't you kill me?
オレハマケイヌ、俺は負け犬さベイビー、なぜ殺っちまわないんだ?
Soy un perdedor I'm a loser baby so why don't you kill me?
どうせ俺なんか負け犬なんだし、いっそ殺したらどうだ?

眠れなくて・・・今日は久しぶりにそんなことを思い出したよ。キミハドイツゴヲハナシマスカ?
あ~眠らせてくれ・・・

2008.03.17.Mon

仕事で外へ出ていて、会社に戻ったらいの一番巻き寿司が「えっくすじゃぱんのライブ行きませんか?」と聞いてきた。は?行かねぇよ。なんで敬語なんですか。

原因はBlack Light Burnsのブログ・・・この1文。

If you live in Tokyo, I’m playing guitar with X Japan at the Tokyo Dome on the 28th and 29th and will be there the whole week before starting around this coming Friday so lets go get sushi or whatever and talk about how well the Yen’s doing before Mothra attacks the city. More news later.... -Wes

・・・ウェスさん、えっくすじゃぱんの後ろで(?)プレイングギターらしい。

このライブってさー、発売して何分かで完売してもうオクじゃないとチケット取れないんでしょ?定価でさえ12,000円とかなのに定価以上払って?えっくすじゃぱんを?あたしそこまでウェス大好きじゃないし、顔彦ジャパン(3分40秒すぎから)で十分だし。巻き寿司は完全に冷静さを欠いていて、自分からこのネタ振ってきたくせに「判断を仰ぐな。」とか言ってきて若干イラッ!笑 オクで定価割ってて、3,000円くらいだったら行くけどなー。おもろそうだから。

PUNKSPRING08のタイムテーブルがもう出た。去年ギリッギリだったのにねー。なんかもうちょっと追加あるかと思ってたけどナイんだね。そして今年もまた“あの”グリーンステージあるんですね・・・。ENVY ON THE COASTともしかしてELEVENTYSEVEN観るくらいかな、グリーンは。MOLLYが楽しみすぎてしようがないのです。MOLLYで燃え尽きたいのです。DONOTS→MOLLYはガンガンぶっこみます。ANGELS AND AIRWAVESはビショ濡れで(着替えろ)、PENNYWISEでステージに上がるのは諦め、RANCID兄貴はくったくたのペラッペラ状態で後ろの隅っこで・・・。そんな感じでしょうか。GALLOWSを観たいので、会場入り早めだしね。嗚呼MOLLY・・・眠れないわ!MOLLY!!昨日家でMOLLYのDVD観てたら、THE CASUALTIESのパーカー着てる人が写りこんでて、おおっ?となりました。メンバーなのかファンなのかはわかりましぇーん(え?

ていうか、パンスプのチケットまだ買ってないんだよ!こんなに行く気満々なのに。

2008.03.14.Fri

gettuyoubinoyuka01.jpg

生きてるって退屈。


●ストーリー
横浜の外人客が多い上流ナイトクラブ“サンフランシスコ"では、今日もユカと呼ばれる十八歳の女の子が人気を集めていた。さまざまな伝説を身のまわりに撒きちらす女、平気で男と寝て、教会にもかよう。彼女にとっては当り前の生活も、人からみれば異様にうつった。彼女にはパパと呼ぶ金持ちのパトロンがおり、彼女はパパを幸せにしてあげようと一生懸命だ。ある日曜日、偶然にもパパが娘に人形を買っている場面に遭遇、彼女が見たことがないような幸せそうなパパの笑顔を見てショックを受ける・・・。

●感想
1964年、昭和39年の映画とは思えない!リバイバルとかそんなんじゃない!やはり良いものはいつ観たって良いのだ。ユカを演じる加賀まりこ嬢がめっちゃくちゃ可愛くて、小悪魔で、無関心で、ふわふわしてて、セクシーで、退屈してて、見下してます。誰と踊ろうと、誰と関係を持とうと、誰が死のうと生きようと・・・、あたしなんか退屈なのよっていうこの危うさ。眉ひとつ動かさないあの表情・・・怖いくらい綺麗。卑怯。笑 雰囲気求めてわざわざフランス映画観てるんだったら、これ観なさい。加賀まりこフォーエバー!!

続きを読む?
finland_L08.jpg


2008.5/29(木)東京 LIQUIDROOM
OPEN 17:30 / START 18:30 TICKET ¥5,000-(税込/All Standing/1DRINK別)
ACTS: ARI KOIVUNEN (アリ・コイヴネン) / LOVEX (ラヴX)
NEGATIVE (ネガティヴ) / STURM UND DRANG(シュトゥルム・ウント・ドラング)
Creativeman 


メタルっぽい長身ホワイティーさんを見かけると「あなたフィンランド人?」と聞きたい衝動に駆られます、くみーごです。ここでいうメタルっぽいとは、サラ毛のロン毛のワンレンでシャツだろうがジャケットだろうがショートスリーブの人のことです。フィンランドフェス、ちょっと気になる・・・。好きな人やものが多すぎて見放されてしまいそうだーよ。あたし的にはメタルなのかアニメ主題歌なのかギリギリのラインですが、面白そうです。メタルアイドルて!

小栗旬がメタルを履き違えてると思うんだ・・・。この人のやることなすことすべてがあたしのツボ(笑いの)。
080314_1042~01
続きを読む?
2008.03.13.Thu

マスクって素晴らしいのね。メガネが曇らないやつ愛用。今日もまた花粉症と云う名の遺伝子の劣等(だと思っている。)と格闘。ああ明日もまた。やっとコートのライナーを外した。モッズコートって便利。ライナー外せばスプリング仕様。

NASA.TVに夢中。興奮のあまり画面を写メってしまったけど、スクショすれば良かったんじゃん?と後から気付く。笑 ほっといたら何時間でも見れる。この映像で飯も食える。
080313_1553~01 080313_1556~01
地球が回っている。大興奮!!右の写真左の棒みたいなやつに影が出来てるでしょ?どんどんどんどん影が長くなる。あっという間に夜。地球を挟んで太陽の向こう側。エンデバーの中の様子も見れるし、通信なんかも聞ける。「ヒューストン。」言ってみたい願望。朝、ゴジラのテーマで起こされてたらしい、エンデバーの人たち。チャララチャララチャララララ・・・グッモーニン!て。見たかった!
続きを読む?

メガネストアーのCMって全国でやってるんだろうか?このCMがねぇ・・・ひたすらメガネー言うてるだけなんですけど、あのメガネを思い出させるんですよあのメガネ。台所にいる時も洗面所にいる時もあのメガネ。このCMが、この曲がテレビから流れてくるたびにあのメガネ。どのメガネとは言いませんけどあのメガネ。

a00000327621.jpg
ちゃんちゃんこ柄Tシャツ着てからに・・・。もしくはハッチ(byケイちゃん)。

そんなメガネがカッコイイって書いてたTHE CASUALTIES!マイスペでチェックしてみたらめちゃくちゃカッコイイ!いや、カッチョイイー!(メガネ風) ありがとう!メガネ!ありがとう!旭川のキッズ!Punk's not fucking dead!だよ。たまらんぜこれは→ PUNKSPRINGってこういうの呼んで欲しいなー。出演者の半数以上がモヒカンとか、入場ゲートで鋲ジャン取り上げられたりとか、ダイブは3回までー!とか言って手にマラソン大会の折り返しみたいに印つけられたりとか、そういう祭りがいい。Anti-Flag!Anti-Flagも観たいなー(言いたい放題)。

M-ONかなんかでこの間のリキッドルームの映像が流れたらしく、あたしは観れてないのですが、巻き寿司(回転にまったく興味がない人)が「観たよ。」って言ってたんで、一応「どうだった?」と感想を求めてみたところ「鬼太郎がスリラー踊ってた。」と。20071218211305.gif!!!!忘れてた!!踊ってた踊ってた!!あたしhaaaaaaaaa!っておなか抱えて爆笑したもん!でも今の今まですーっかり忘れてたわ。。鬼太郎のスリラー・・・笑えたよ・・だってゲゲゲのテーマでスリラー踊るぅ?鬼太郎のセンスに脱帽。まさかスリラーを知らん人はおらんと思いますが、マイケル・ジャクソンをただの宇宙人だと思っている世代の人もいるかもしれんので一応貼っておく!笑 スリラー→(曲が始まるのは4分15秒過ぎで、例のダンスは10分22秒くらいからのアレね。最後13分過ぎでもう1回やります。) ついでに言うとこれがBad→(サビは1分10秒あたりから)で、これがBeat It→ ヒサビサに観たけどカッコイイー!カッコイイぜマイコー!!当時もしあたしが13歳だったら部屋にマイコーのポスター貼りまくってるよ。Beat It のリフとかギターのピロピロ感がたまんなく好きです。カバーしたい。FOBもカバーしてるけど、あたいもしたい!1982年とか83年にこんな曲リリースしてたなんて!このボーカル!このダンス!カッチョ良すぎる。まさに伝説、The King of Pop、 Rock & Soul だぜ。こんなにカッコイイのに何故ホワイトに・・・(禁句。って何故マイコー祭りを開催してるんでしょうか?あたしは。・・・とか言いつつファーギー姐さん参加のBeat It 2008も後半のベースラインがめちゃカッコ良いのでペタ!→

続きを読む?
2008.03.11.Tue

img_628014_43401759_0.jpg

愛すべきバカ!笑えます!


●ストーリー
電気店で働くアンディは40歳。部屋には箱入りフィギアとテレビゲームが所狭しと並べられ、壁にはフレーム入りのエイジアのポスター。車ではなく自転車を愛用し、几帳面な性格の彼は店の仲間から退屈な男だと思われていた。ある夜、珍しく同僚たちからポーカーに誘われた。ゲーム中、テーブル上を飛び交うのは下ネタばかり。話が盛り上がり、「生涯で最も下品な体験」を順番に告白するということになった。アンディは、女性のバストを「砂が詰まった袋みたいな感触」と言ってしまい、童貞であることがバレてしまう。

●感想は追記にて!
続きを読む?
2008.03.11.Tue

both_wall_b1024.jpg

クソッタレ! 血よりも濃く、愛よりも強い


●ストーリー
1975年イギリス、異形のロックバンドが衝撃のデビューを飾った。結合体双生児トムとバリー率いる、ザ・バンバン。過激なステージ・パフォーマンスと恐いほど美しい双子を、観客は好奇と嫌悪で注目した。バンドは一気にスターダムへ、そしてさらなる熱狂へと向かっていく。しかし、スターとなった双子の前に一人の女性が現れる。その邂逅がトムとバリーを悲劇のスパイラルへと導く・・・。

●感想は追記です
続きを読む?
今年も無事に歳をまたひとつ重ねました、無事に。数字がひとつ増えました。ここまで生きて来れたことが奇跡です。ありがとう。Birthdayはみんなに感謝する日。支えてくれた友人たちに。両親に。出会ってくれた優しいあなたに。誰ひとり欠けても今のあたしはできなかったですよ。

2●歳のBirthdayは忘れられない1日になった。ニュースにもなったようで、生息地がバレてしまうので詳しいことは書けませんが・・・まさか誕生日に、夜明け前に、高校ジャージ(まだ着てる。笑)で路上で過ごすことになるとは思わなかったどくろ 寒かったよ・・・怖かったよ・・・。だけど、命あって良かった。せっかく2●歳まで生かさせてもらったのに無くさなくて良かった。みくしに日記を書いたら、大切な友人たちが「kumiego(仮)が無事で良かった。」とメールをくれ、本当に嬉しかった。ビックリした。そんなこと言ってくれるのうちの母親だけかと思ってた。笑 今回で学んだこと→パニックで人は死ねる!! 冷静でいなくちゃ。自分の身を守りたいなら、守りたい人がいるなら、どんな時も冷静でいなくちゃいけない。

080308_1740~02 080308_1742~01
堂島ロール!(指のあと付いてるけど・・・汗)お友達Mさんが、金曜日に会社の近くまで持ってきてくれた!食べたことなくってずっと食べてみたいって思ってたのですよ。感動っ!!きらり 巻き寿司と24歳バイト君(敬語勉強中)に少しあげて、あと全部自分で食べた!笑 めっちゃ美味しい!!生クリームがね、めっさミルク!巻き寿司もいたく感動して「お取り寄せしてぇー!」って言ってた。あいにくお取り寄せはできないみたいなんだけど、本当に美味しいのでお近くにお店のある方はぜし★大阪のお店みたいだよー。モンシュシュ
Mさん、ご馳走様でした!!

080307_2101~01 080308_1740~01
Mさんから堂島ロールと一緒にいただいたのは、ロクシタンのハンドクリームとバスペブルのセット。チェリーブロッサムの香り!もともと桜って大好きなんだけど、この香り大っ好き!!ハンドクリームさっそく使わせていただいてます。バスペブルは使わずに枕元とかすぐ手の届くところに置いといて、テレビ見ながら嗅いでる・・・完全に中毒。。笑  他のアイテムも欲しくなっちゃった。今度チェックしてみよう。
日向夏は別の方から。食べたいって言ってみるもんやね。みかんなのに“りんご剥き”にして食べる一筋縄ではいかないやつです。まだ食べてないけど楽しみ!

あとは、イサオ65歳(くらい?世界陸上の時にお友達になってそれ以来メル友です!)から羊羹もらった。笑 あとはホント色々な方から色々・・・ひとつひとつ書けなくて申し訳ナイ。破壊力抜群の画像とか、物以上に嬉しかったバースデーカード、中古だけどRAMONES RAWも頂いた!それはまたMusicカテゴリーでゆっくり書くとしよう!

今日のところは、みんなに感謝の気持ち。この言葉に愛を込めてたくさんのキスを送ります!

ありがとう!!!!!


YouTubeに全然上がんないから貼れないなーと思ってたけど、マイスペで探せば一発だった。あは。Avenged Sevenfoldの新しいMV、Afterlife。この曲好きなんだけどね、このMVはどうだろう?笑 シャドウズさんが妙に可愛い・・・それってどうだろう? 今のバンドと昔のバンド(ティアドロップキター!あたし的にはRevの黒シャツ赤ネクタイも!当時は痩せてて顔ちっさくてカッコ良かったなぁ・・・)と個人パーツ(?)で構成されてるんだけどもさ・・・。その個人パーツがさ・・・。まぁRevの蜘蛛は、似合うしあの人喜んでやってそうだし、シニさんのドクロと狂気の笑みもキャラに合ってるというか酔っ払ってる時とシラフの差がないっつーか。ザッキー(痩せた?)はまぁ踊っとけって感じだし、シャドウズの上半身裸で何かに追われてる様も五百歩くらい譲って許せるけど・・・、鳩はないだろう、鳩は。ジョニー・・・・・もはやイジメとしか・・・。すんごい嫌そうだもん、顔斜めになっちゃってんもん、あの最後の画・・・。あの画を使ってるってことは、絶対3回くらいしか撮ってないんだ・・・。しかも明らかあの鳩のくだりは金かかってないだろう・・・。ジョニーにも蝋燭いっぱい立ててあげて!あ、鳩燃えちゃうか。
でも何度も観てるうちにカッコ良く見えてくるから不思議★曲がいいからか?っつか シニスターーー!!ギターソロかっこいーーー!!あとソロ終わった後のあの表情とか。ミスフィッツのTシャツはやっぱり買おうと思います。もしくは自作。
080307_1705~01

a00000324971.jpg

(※画像クリックで綺麗に見えますよ。見た後の責任は一切負いかねますけど。)
これ、見逃したんだけど、ケイちゃんがキャプってくれてた!さすがです先輩!センキューフォーケイ先輩!タイトル(ギター持ってるほうが略)はそんなケイちゃんの台詞。
2008年3月4日夜~5日未明にかけて、MSNさんが今世紀最大の暴挙に出られました。このトップページ・・・何かストの一種ですか?一揆ですか?とにもかくにも、全世界に向け発信されてしまったこの写真・・・おめでとうメガネ!!こんな大手検索サイトのトップページを飾るなんてねぇ・・・(深夜だけど)。酒を!祝い酒を!!飯を!赤飯を!!ついでに神輿を!神輿を呼べい!メガネを乗せてっ わっしょい!(壊)

【3/7追記】
なんかこれだけのために新しい記事作るもの悔しいなーと思ったんでここに追記!昨日ケイちゃんが言った。タイトなスーツ(モテリーマンアイテム)着て・・・眼鏡男子で・・・八重歯・・・・・こんだけ萌えアイテムフル装備なのに、何故萌えない?
moenaidanny01.jpg
誠に残念です・・・ダニー先生。。

花粉がものすごい。最早どうやって鼻水を止めようかではなく、どうやって口に入らないようにするか。そこが勝負。明日は良いニュースが届きそうなので嬉しいな3onpu>サマソニ!

ヒッサビサの友達7人で飲んだ。こんだけ見事に花粉症なのに、お酒飲むのは自殺行為だと医者に言われましたが・・・まぁしんどいの自分だから・・・ね。人に迷惑かけるわけじゃないし・・・ね。つうことで。ヒサビサの集合、半年以上ぶり!なのに会って一言目が「髪切った?」って・・・うん。もう3,4回切ってる・・・。仕事終わった人から集まろうや~って言って、あたしは最初からいたんだけど、遅れてきたメンバーが違う人に向かって「あー髪切ったー?」って言った時は、やっぱりDNAレベルなんだな・・・って思いました。18,19くらいの頃からの友達で、歳は1コ下だったり、1コ上だったり、2コ上だったりするんだけど、皆何年経っても変わっておらず・・・すんごい勢いでご飯がっついて、ずっとう○この話してた。わははは。だーいじょうぶですかぁー?こんな2●歳。。
映画の話をね、してて。誰かが「“ユージュアル・サスペクツ”面白いよ。」って言ったらね、あ~じゃあ借りて観るわぁ!ってノリになって、Yちゃんが「忘れそうだからメモる!」って紙ナプキンみたいなやつにメモってたんだけどね、隣に座ってたから手元チラ見したらね、友情あるサスペンスって書いてやんの!!ヒィィ!ジャンルか。ジャンルできたか。いやー笑った!今年一笑った!笑いすぎて食ったもん出そうになった(コラ。

そんなYちゃんにシュシュ買ってもらいました(左)。
080306_1003~01
飲みの集合時間までの間2人でプラプラしてて。これ買おっかなーって言ったら「買うてあげるわ、もうすぐ誕生日やろ?」って。ずきゅぅぅぅぅぅん!!「高いもんでなくてごめんね。」って言われたけど、値段じゃないだよ!きゅん度だよ!笑 ありがとう。「くみーご(仮)昔よくこんな柄のスカート着てたよねー。」って18,19の頃の話!よく覚えてるな・・・。あたし学生の頃エスニックな洋服大好きで髪の毛もドレッドだったです・・・。人に歴史あり。エヘヘ。このシュシュはゆるめサロペ(オーバーオールといったほうが?)にペタンコ靴、おだんごで使いたい。チークはピンクでカントリーっぽく!ね♪
右は鏡。持ち歩き用の鏡、去年のサマソニの時、ポケットに入れたままうわー!ってスタンドに座ったらメシッ!って割れて、それから買ってなかったの!すんごい前!笑 パウダーファンデに鏡ついてるし、気に入ったの見つかったら買おうって思ってて。昨日これ見つけて気に入って。こういうのが今の気分みたい!



巻き寿司が教えてくれた。オーバー30じゃないけど直撃!悶絶!! すれ違いのfor! 

ナベアツの出演作で1番好きなのはこれ 人生観変わるよ。


HighFidelity.jpg

Viva La レコードオタク! Fuck the ダメ男!


●ストーリー
30代のロブ・ゴードン(ジョン・キューザック)は中古レコード店を経営し、それなりに安定した独身生活を送っている。しかし、同棲していた弁護士の恋人ローラ(イーベン・ヤイレ)が突然出ていったのをきっかけに、これまでの辛かった失恋体験トップ5をリストアップするも、虚しいばかり。さらに、ローラに新しい恋人のイアン(ティム・ロビンス)がいることが判明するや、ペニー(ジョエル・カーター)やサラ(リリ・テイラー)やチャリー(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)ら、失恋トップ5の女性たちを次々と訪ね、自分の何が問題だったのかと問いただしていく。そんな彼にとって、熱狂的音楽マニアのアルバイト店員、内向的なディック(トッド・ルイーゾ)と尊大なバリー(ジャック・ブラック)との会話、そして女性シンガーのマリー(リサ・ボネット)と知り合えたことはささやかな慰めになった。しかしロブはまだローラを愛しており、ローラも心が揺れていた・・・。

●感想は追記にて。
続きを読む?
20080301223536.jpg

またも描いていただいていた。またも無断転載。金曜日の肉パー(焼肉パーティーの略)の時の写真を元に描いてくださったようで。この時わたくし、ほぼすっぴん+メガネ。すっぴんのゆえのメガネほど役に立たぬものはないですが。=2●歳にしてメガネひとつでどうにか誤魔化せる等と思っているわけではない。が、ほぼ毎日、ほぼすっぴんメガネで出勤するあたくし・・・。イベント時だけバッチリメイクで出勤し、「今日は早く帰るんですね?」などと言われる始末。・・・いけない。
ほぼすっぴんですが、このイラストとても好きです。肉パーなのに、何故2人して白米の丼をアピール?の矢印とか。巻き寿司の上のひらがなの「まきずし」とか、あたしの好きな感じの感性をお持ちなのですね、ちー様。早くお会いしたいですね。炭水化物パーティーぜし!

肉パーにて、マッコリがぶ飲み。「これもう1本ください。」「あ。これもう1本。」 6本目までは数えていたのですが・・・。自分とはジャンルの違う人の音楽論や映画論を聞くのは退屈でおもしろい。そしてコーンを焼く。ただひたすら。誰かの話を聞きながら。醤油を。
そんなこんなで終電を逃す。朝まで耐久カラオケ突入。空気を読む必要のないカラオケは楽しい!楽しくて楽しくて、朝5時まで絶えず歌い続けることに成功!リンキン、ロスプロ、マイケミ、アブリル、ラモーンズ、ピストルズ、キン肉マンのテーマ、チャラヘッチャラ、きしだん、グレイプバイン、せいんとせいや、シニード・オコナー、ケイト・ブッシュ、コールドプレイ、レディオヘッド、ジュディマリ・・・その他色々。テレサ・テンの「つぐない」を、家で一人でベース弾きながら歌ってると言って披露すると、お酒飲むのもひっとりー♪夢を見るのもひーとりー♪の部分を何度も繰り返し歌われ、「寂しすぎる・・・!」と爆笑される。笑うがいいさ。お気の済むまで。 回転ズを知らない人たちの前で、入ってる回転ズを全部歌ってやろう!と思いたち、実行。妖精の曲が「可愛い!!」と大人気で、途中メガネの曲を歌っていたら「メガネの曲はいいから妖精の曲を歌ってよ。」とお願いされる。ウップス!あたいのボーカルではメガネの曲の素晴らしさを伝えることができなかったよ、ごめん。。しかも妖精とメガネって覚えさせてしまった、彼等の名を。妖精の曲は女子ボーカルで聴くと可愛いのだと。妖精が歌ってるもの素敵だよ? 明け方、巻き寿司と2人勝ち。最後は何を歌いますか?やっぱり合唱ですか?バックストリートボーイズですか?(←この発想が謎すぎる)というわけで、ユアーマーイファーイア~・・・テミワイー♪テーーーールミワーイ♪を自分で言うけど絶妙のコンビネーションで歌い上げ終了。始発。体力的にはまだまだイケるな?と確信にも似たものを得つつ、さすがに風呂には入りたい。

2008.03.03.Mon

bully2.jpg

ちぎれた心が暴走する


●ストーリー
ティーンエイジャーたちが一人のいじめっ子を殺害するまでを描いた、実話を元にした青春映画。
南フロリダ。ボビー(ニック・スタール)と幼なじみのマーティ(ブラッド・レンフロ)は、一見仲良しだが、実はボビーの一方的な権力に支配されていた。二人はアルバイト先のスーパーでスレンダーなアリ(ビショウ・フィリップス)とふっくらしたリサ(レイチェル・マイナー)をデートに誘う。リサはマーティと結ばれ、アリはボビーと関係を持った。だがやがてボビーは、アリやリサにも暴力を振るうようになる。耐えかねたリサが、ボビー殺害計画を発案。アリのヤク中のボーイフレンドであるドニー(マイケル・ピット)やアリの友人ヘザー(ケリ・ガーナー)、リサのいとこのデレク(ダニエル・フランゼーセ)らも巻き込み、計画はどんどん現実味を帯びていく・・・。

●感想は追記にて
続きを読む?
Copyright © beginner*. all rights reserved.
Template by nicola*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。